第17回日中カラオケコンクール 盛況のうちに閉幕

2014年11月7日、第17回日中カラオケコンクールが東京・練馬区文化センターで成功裏に幕を閉じた。会場では日中友好協会の橋本逸男副会長・中国駐日大使館の楊宇公報参事官を始め、ゲストや観客ら500人以上が観覧した。



日中カラオケコンクールは日本人が中国の歌を歌うステージと、中国人が日本の歌を歌うステージで構成されている。激しい戦いと厳格な審査を経て日本人の部で は細谷寛さん、中国人の部では範麗莉さんが最優秀賞を獲得した。この他、7人の出場者にそれぞれ優秀賞・歌唱賞・表演賞・特別賞が贈られた。歌手の菅原やすのりさん、潘幽燕さんらもゲストとしてすばらしい歌を披露した。


最優秀賞:日本人の部で は細谷寛さん、中国人の部では範麗莉さん


今年のコンクールが前回までと最も大きく違っていたのは、福田康夫 元内閣総理大臣・鳩山由紀夫元内閣総理大臣からコンクールの開催を祝う祝電が届いた点だ。両名祝電には、それぞれ「第十七回日中カラオケコンクール決勝大 会の開催にあたり、心からお慶び申し上げます。日中通信社、そして関係者の皆様のご努力に深く敬意を現しますとともに、更なる日中友好の発展を心よりお祈 り申し上げます」、「日中友好の懸け橋の一環として日中通信社の長きにわたる貢献には敬服いたします。今後とも日中友好そして日中通信社の更なる発展を祈 念いたします」書かれていた。


中国駐日大使館の楊参事官は来賓として、「外国の歌をうまく歌うには歌唱力の他に、語学力やその国の文化に 対する理解、さらにその国に対する心からの興味も必要だ。現在、日中両国の民間交流はまだまだ不足している。カラオケというスタイルを通して、お互いの国 の歌を歌い、言葉を学び、相手を理解する――こういう活動は非常に意義がある」と挨拶した。


特別ゲスト:歌手の菅原やすのりさん、潘幽燕さん


株式会社日中通信社が1998年から毎年1回開催してきた日中カラオケコンクールは、その独特の開催スタイルでこれまでに多くのファンが集めると同時に、全国を対象に行われる日中文化交流の重要なイベントとなっている。


(今大会は、全日本空輸株式会社、中国銀行東京支店、中国工商銀行東京支店、中国建設銀行東京支店及び上海広場長城暇日酒店等から多大な支持を受けた。)


 

第17回日中カラオケコンクール


主催 

株式会社日中通信社


後援 

中華人民共和国駐日本国大使館文化部

公益社団法人日本中国友好協会


協賛 

全日本空輸株式会社

上海広場長城假日酒店

中国工商銀行 東京支店

中国銀行 東京支店

快快中国語教室


協力

カラオケ168別館


メディア協力


新華網日本語チャンネル



媒体報道


新華網 中国新闻网



他メデイア掲載情報