アジアナンバーワンを目指して ANA 大橋会長



ANAが見てきた20年


ANAにとって中国はプロジェクトの中心地、などというような存在ではない。なぜなら、ANAは何十年も前から中国を視野に入れて活動してきたからだ。アジアナンバーワン、そのためにはまず中国へ。最初からANAのキーワードは「中国」だったと行っても過言ではない。


陸・海に続く日本発「空のシルクロード」。その実現は、実はもう間近なのかもしれない。いつかきっと、空を見上げると「シルクロード」が見える日が来るはずだ。


戦時下の思い出


――大橋会長は中国東北部で幼少期を送られたそうですが、中国語は覚えていますか?


いいえ、残念ながら覚えていません。中国で生まれて6年間過ごしましたが、小学校は行ってないんですよ。次の年に日本に戻ってきて、小学校に行こうとしたら栄養失調になってしまいましてね、1日通っただけ。それで1年休学してもう一度入り直しました。


――当時の中国の思い出は?


印象があるのはハルピン(哈爾濱)だけです。私の生まれは1940年で、5歳の夏までジャムス(佳木斯)にいましたが、それまでのことをほとんど覚えていない。ちょうど、8月9日にソ連が旧満州とソ連の国境を越えて来て、夜中に爆弾がどんどん落ちてくる。さあ逃げなくちゃいけないということになって、そこからは覚えています。ハルピンに行き、1年3カ月くらいしてから船で日本に戻りました。1945年の8月9日ジャムスからハルピンに逃げて、最初は牡丹港に行こうと思ったのですが、ソ連がもう押さえていて引き返してハルピンに。父がたまたま商売をしていた関係で、ハルピンに知り合いがいてかくまわれたのです。子どもはいいけれど、女性は見つかると大変なことになる。母は、朝、市場で饅頭(マントウ)を売り、夕方に帰ってくるという生活で、隠れ家と市場の道しか知らなかった。父の知り合いの家族は女子供しかいなくて、男は兵隊に取られ、その頃はもうソ連の捕虜になっていました。母と私は昭和21年の11月18日に、日本に戻ってきたんです。


――大橋会長が全日空に就職後、再び中国に行ったのはいつですか?


1988年か89年、全日空の宣伝部長をしていた頃ですが、作家の小松左京氏、大阪で有名な落語家の桂米朝氏と一緒に、大連の日本人会で落語の公演をやるというので行きました。それが日本に帰って来てから初めてですね。


大連は父と母の新婚旅行の地だったんですよ。両親が泊まった宿を訪ねてみたら、建物はまだ残っていました。10年後には、もう取り壊されてしまっていましたけど。


全日空入りのきっかけ


――全日空は、どういう経緯で中国と強いつながりを持つようになったのですか?


私が慶応義塾大学の学生だった時、ゼミの先生が石川忠雄教授(のち慶應義塾大学塾長)で、中国の専門家でした。中国現代史(中国共産党史)という授業を受けて、たまたまこの科目の成績が良かったものだから、石川先生のゼミに入ったんです。卒業論文のテーマが「日中貿易論」ということで、勉強はしたけれど資料がまったく見つからず、家に帰って父に相談したら、郷里の岡山県出身の方で全日空社長の岡崎嘉平太という人がいるから、会いに行ったらどうだと言われましてね、会いに行ったのが、全日空に入るキッカケなんです。岡崎さんが2代目社長で、日中LT貿易を支えた人でした。論文のことはともかく、私はこの会社が気に入りました。当時、岡崎さんは周恩来総理と親密にしていて、入社後に聞くと、岡崎さんと周恩来氏の公式会見は18回もあったそうです。


岡崎さんと周恩来氏との写真は、たくさん残っています。岡崎さんを囲んで食事するような時には、必ず周恩来氏の話が出ました。


中国でそこまで有名な人とは思わなかったのですが、日本国際貿易促進協会や日中経済協会のミッションで訪中し、江沢民氏や朱鎔基氏に会見すると、必ず岡崎さんの名前が出る。「井戸を掘った人」のことを忘れないと言うのです


岡崎さんがいつも「これからの全日空の社員は、アジアの発展のために働いて欲しい」と遺言のように口にしていました。当然、アジアの中でも重点は中国だった。私が社長に就任した頃に思ったのも、ANAグループの長所はやはりアジア・中国だろうと。そこに特化し、中国を中心に路線を張ろうと考えていました。中国とのつながりは、岡崎さんが道を開いてくれた遺産みたいなものですね。


――中国の長所・短所はどういうところだと思いますか?


やはり発展の途上にあるわけですから、いろいろ課題はあるかと思いますが、本当に良くなりました。昔は、我々が思っている「サービス」とは違っていましたね。「気配り」というのかな、昔の人は笑顔がなかった。日本人が多い北京でも、長富宮ホテルのショッピングセンター内にある店に行くと、カウンターの受付が逃げちゃうんです。今は全然違いますね、変わりました。

全日空では現在、上海でキャビンアテンダントを採用していますが、最初の採用では、「なんで笑わなくてはいけないの?」というところから始まった。日本人は「笑顔で」といえば笑顔になるが、中国人は納得させないと笑顔にならない。ああ、文化やしきたりが違うんだなあと思いましたよ。プライドが高いんですね。けれども、納得すれば良さを発揮してくれる。その個性を活かそうと思った。納得してもらう訓練は時間がかかり、苦労したこともあるけれど、やれば日本人よりサービスが良くなる。今、117人の中国人キャビンアテンダントがいます。やはり「お仕着せ」ではダメなんだと学びました。


北京オリンピックに向けて


――2007年、全日空は中国線就航20周年でした。これからは中国の何に注目をしていますか?