第22回日中カラオケコンクール 盛況のうちに閉幕

10月25日夜、日中通信社が主催する第22回日中カラオケコンクール決勝大会が、東京都内練馬文化センターで無事閉幕した。

 祝中華人民共和国建国70周年・令和新時代にあたる今年、日中カラオケコンクールは22回目を迎えた。今回のコンクールは、外務省より日中青少年交流推進年記念の1つとして認定されると同時に、駐日中国大使館と日中友好協会の強力な後援も得ている。当日は、中国駐日本大使館 公使参事官石永菁氏,日本外務省亚洲大洋洲局中国蒙古第1課主查米田麻衣氏、日中友好協会の橋本逸男副会長ら来賓が来場、プレゼンターにもなりました、福田康夫元首相、鳩山由紀夫元首相からは祝辞が届いた。

 日中通信社は1998年より日中カラオケコンクールを開催し、「日本人は中国語の歌を、中国人は日本語の歌を歌う」という独自のスタイルで、日中両国の民間交流を深めてきた。このイベントには多くのファンがおり、いまや、年に一度の日中文化交流の盛事として知られている。

  日中カラオケコンクールの総合プロデユーサーであり実行委員会事務局長でもある胡文娟氏によると、今年は日中合わせて150人ほどの出場者が予選に参加し、34組(43人)が決勝大会に進出した。予選には、年齢は4歳から79歳。日本人参加者は東京都以外、大阪、三重県、広島県、福島県及び鹿児島県まで、全国各地の出場者が集まった。中国参加者は東京、近隣以外は中国広西省、黒龍江省からも、このコンクールのためにわざわざ東京にやってきてくれた出場者も多かった。さらには、ギリシャのアテネからの中国人参加者のおりました。

 今回の予選出場者の歌唱力はコンクール開催以来最高のレベルで、歌唱力、発音、表現力のいずれにおいても甲乙つけがたく、審査員を悩ませた。さらに、これまで主流だったソロによる歌唱だけでなく、同僚や友人との合唱、夫婦や歌友達とのデュエットなど、さまざまな歌唱スタイルが見られた。

 第22回日中カラオケコンクール決勝大,歌による熱戦を経て、日中両国各6組の出場者が最優秀賞、優秀賞、歌唱賞、審査員賞と演技賞、特別賞を設置された。

当日は特別ゲストとして、日中両国に多くのファンを持つ芹洋子さんが素晴らしい歌唱を披露した。 

 主催側日中通信社の張一帆会長は、「歌声を通して友誼を伝え歌声を日中友好の架け橋としたい。今後もこの大会を継続し、日中の友人1人1人に、歌声で平和を愛する真摯な気持ちを表現してもらいたい」と話している。

この大会に協賛と支援を頂いて各友好合作会社に、再度感謝を致します。来年の第23回大会もご一緒に日中平和友好の歌をともに歌おう!

© 2020 by 日中通信社