香港−日本交流年2005香港映画祭
実行委員長

香港特別行政区政府駐東京経済貿易代表部
首席代表

方志偉

  香港と日本はビジネスや観光、文化など様々な分野において、長年にわたり緊密な協力・友好関係を築いてきました。今年、この大切な関係は大きな節目を迎えます。両者の交流を一層促進するために、香港で「日港交流年2005」が開催されるのと並行して日本では「香港−日本交流年2005」が開かれています。この「香港−日本交流年2005」の下、日本で「香港映画祭」を開催できることをとりわけうれしく思います。香港の映画産業は、その創造性と独特なスタイルで世界的に知られており、香港映画および監督や俳優は多くの国際的な映画祭で高い評価を受けています。

  文化は異なる地域の人々の交流を促してきました。今日のグローバル化された知識経済で、文化的、創造的な産業は経済の牽引役として重要性を増しています。香港においては、年間約14億香港ドルが映画産業によって生み出されています。情報、資本、人材が自由に流れ、表現の自由が尊ばれる高度に開かれた自由な社会を誇る香港は、アジア太平洋地域において、文化・創造的産業を発展させる格好の位置にあるのです。

  今や香港は、中国本土の13億人に加え北東・東南アジアの3億人を擁するエンタテインメント市場の中心地となっています。経済貿易緊密化協定(CEPA)により、香港映画産業の本土進出の途も開かれました。今年3月には「エンタテインメント・エキスポ香港」を初開催し、全世界から出品された200本を超える映画が上映されました。同イベントに来場した映画制作者・バイヤーの数は約2,000人に上っています。エンタテインメント産業の繁栄とチャンスの新たな時代を共に迎えるべく、今後香港と日本の映画制作者がさらに連携を深めることを期待しています。

  香港にとって、映画産業は単なるビジネスにとどまりません。それは、私たちの街、文化、人々、そしてその生き様を映すものなのです。この香港映画祭で、選び抜かれた作品を皆様が楽しまれることを、またそこからさらに香港について多くの発見を得てくださることを願って止みません。


香港−日本交流年2005香港映画祭
実行委員会事務局長

株式会社日中通信社 社長

張一帆

  毎年、日本から多くの旅行者が香港を訪れます。観光にショッピングにグルメ…。そのパワフルで奥の深い魅力にはまり、何度も足を運ばれる方がいらっしゃるのもうなずけます。私自身、仕事で香港を訪れるたびにそのあふれる活気に触れ、自分まで力をもらうような感覚を覚えます。

  今年は日本と香港にとって記念すべき年になります。香港では「日港交流年2005」、日本では「香港−日本交流年2005」と称し、様々な文化交流イベントを行います。その一環として、10月17日から30日まで東京におきまして「香港映画祭」を開催いたします。上映作品については往年の名作から新しい息吹を感じていただける新作まで、16作品を厳選しました。ジャンルもアクション、コメディ、文芸作品と幅広くご用意し1人でも多くの方に香港映画の魅力を発見していただければと期待する次第です。

  ここ数年来、香港映画界は数々の困難にさらされてきました。ハリウッド始め、他の国々の作品に押され興行的に苦戦を強いられました。また、’03年に猛威を振るったSARS、さらに香港映画の象徴とも言うべきレスリー・チャンの突然の死…。

  しかし今、こうした逆境をはね返すパワーを、香港映画界は私たちに見せてくれています。かつての隆盛期を経験した監督や俳優たちは次世代を担う監督や俳優を育て、彼らと手を携えて新しい魅力を持った香港映画を創り出そうとしています。そして新感覚を持った若い監督、俳優たちにもその根底に香港映画に対する熱い尊敬と愛情が存在していることは実に喜ばしいことです。これが私の贔屓目でないことは、昨今の国際映画祭での高い評価が実証しています。

  映画祭開催にあたりましては、快くフィルム及び資料をお貸し出しいただきました製作会社、配給会社各社ならびに協賛会社の方々に深く感謝申し上げます。

  ますます多くの方が香港映画に親しみ、その奥にある香港の文化、町、人々の魅力というものを感じ取っていただきたい。「香港映画祭」がそのきっかけになれば主催者一同、至極の喜びです。